このページにおける、サイト内の位置情報は以下です。


実務経歴証明書記載例

実務経歴証明書記載例

実務経歴証明書記載の一例です。参考にしてください。

実務経歴証明書記載要領
(ふりがな)
氏  名

「戸籍抄本」のとおり記載すること

生年月日

※  年  月  日生
  (※元号は略称等用いないこと)

本  籍

「戸籍抄本」のとおり記載すること

現 住 所

郵便番号、郵便物が届く住居表示(何番何号何々方,○○会社社宅何棟何号室まで明記を記載すること
(TEL         )

勤務先及び
役 職 名

現在の勤務先の名称とその事業場での役職名を記入すること。ただし、すでに退職した事業場から証明を受ける場合には、この欄は記入する必要がありません。
(TEL         )



略歴(※省令の対象となる実務経歴についてだけ記載すること)
期  間 役職名 職 務 の 内 容 電気工作物の概要
年数

年月

平成
元年
4月

年月

平成
6年
6月

年月

5年
3ヶ月

○○○(株)
○○工場
○○○部
○○○課
○○係長

各事業所ごとに、業務の実施方法が異なるので、まずこれらについて概要を説明すること

1)概要
 ・入社年月日の記載
  (例:昭和○○年○月○日入社し、…)
 ・どのような立場で
  (例:保安担当者、運転員として…)
 ・誰の指導の下で
  (例:電気主任技術者○○ ○○[第○種 第○○−○○○○号]下…)
  (注:必ず、氏名、種別、及び番号を記載)
 ・何に基づいて
  (例:保安規定,社内規定に基づき…)
 ・どのような場所で
  (例:発電所、変電所、需要設備の…)
 ・右に記載する電気工作物について
 ・どのような業務に従事した
  (例:運転操作、巡視点検業務…)

2)業務の実施方法
(1)申請者が所属する課又は係の勤務体制
 ・日勤又は交替制
  (勤務時間も記載)
 ・それぞれの担当業務
  内容とその人数
(2) (1)の中での申請者の位置付け

3.維持・運用に関する日常業務
(1) 運転、操作業務
 ・どのような頻度(いつ)
 ・どのような目的で
  (例:力率調整)
 ・何を
  (例:遮断器、コンデンサ‥)
 ・どのような方法 (例:直接、遠制)で操作したか
(2) 監視業務
 ・どのような頻度で
 ・どこで
  (例:監視室、変電所‥)
 ・どのような方法で
  (例:電圧計,電流計等の計器により)
 ・何を監視し
  (例:受電電圧、電力量、電圧、電流、力率等)
 ・その結果をどのように処理したか
  (例:受電日誌等に記入し課長に報告)
(3)巡視点検業務
 ・どのような頻度で
  (例:毎日、1回/週‥)
 ・どのような方法で
  (例:目視、聴覚、嗅覚等による外観検査)
 ・どの電気工作物について
  (例:断路器、遮断器、変圧器、変成器、各種保護継電器‥)
 ・どのような点検項目について
  (例:たるみ、変形、変色、汚損、過熱、異音、振動、油漏れ‥)
  ※・及び・は各機器毎に記述すること
 ・何に記録し(整理し)
 ・その結果をどのように処理したか

4.維持運用に関する定期業務
 月次、年次点検業務及び試験測定業務等の定期的に行なう業務について、自社(自ら)が実施したか又は請負業者に委託したかを明確にし、その時自らは何をしたかを明確にすること
(1)月次点検業務又は年次点検業務
 ・どのような頻度で
  (例:毎月、1回/年‥)
 ・どのような方法で
  (例:停電して‥)
 ・どの電気工作物について
  (例:断路器、遮断器、変圧器、変成器、各種保護検電器‥)
   ※・及び・は各機器毎に記入すること
 ・どのような点検項目について
  (例:たるみ、変形、変色、汚損、過熱、異音、振動、油漏れ‥)
 ・何を記録し(整理し)
 ・その結果をどのように処理したか

(2)試験測定業務
 ・どのような頻度で
  (例:毎月、1回/年‥‥)
  ・どの電気工作物について
  (例:断路器、遮断器、変圧器、変成器、各種保護継電器‥‥)
  ・どのような方法で
  (例:停電して、‥‥)
 ・どのような試験項目について
  (例:接地抵抗測定、絶縁抵抗測定、保護継電器の動作試験‥‥)
  ・何に記録し(整理し)
 ・その結果をどのように処理したか

5.維持、運用に関する付定期業務
機器の事故処理、機器の老朽化、事故処理に伴う改造、取替工事、台風、積雪時、年末年始等の特別巡視等の業務について、実績がある場合は、
(1)改造、取替業務又は事故、故障対応業務
  ・いつ
  ・どのような機器が
 ・どのような原因で
  ・どうなったのか
  ・自らどのような立場で
  ・どのように処置したか
(2)特別巡視業務
  ・いつ
  ・どのような機器を
  ・どのような目的で


「職務の内容」欄に対応した期間に、申請者自身が係わったそれぞれの電気工作物(第2種の申請者は、電圧10,000V以上の、第3種の申請者は、電圧500V以上の電気工作物についてのみ)について次の事項を記載する。
事業所の名称
    ○○○○
事業所の所在地
    ○○○○

1)発電所
 ・出力及び発電電圧
 ・発電機
  電圧、出力、台数
 ・主要変圧器
  電圧(一次/二次)
  相数、容量、台数
 ・遮断器
  種類、電圧
  遮断容量、台数
 ・断路器
  電圧、電流、台数
 ・その他対象となる全ての機器の定格及び台数等を記載

2)変電所
 ・出力及び受電電圧
 ・受電方式、及び回線数
 ・主要変圧器
  電圧(一次/二次)
  相数、容量、台数
 ・遮断器
  種類、電圧
  遮断容量、台
 ・断路器
  電圧、電流、台数
 ・その他対象となる全ての機器の定格及び台数等を記載
 ・サブ変については代表となる1ヶ所について、上記と同様の記載をし、残りは「他何ヶ所」と記載する

3.送電線路
 ・開閉所
 ・遮断器
  種類、電圧、遮断容量、台数
 ・断路器
  電圧、電流、台数
 ・その他対象となる全ての機器の定格及び台数等を記載すること
 ・送電線
 ・種類(架空、地中)
 ・線路電圧
 ・線種
 ・線路こう長
 ・回線数

4)需要設備
 ・受電電圧
 ・契約電力
 ・受電方式及び回線数
 ・主要変圧器
  電圧(一次/二次)
  相数、容量、台数
 ・遮断器
  種類、電圧
  遮断容量、台数
 ・断路器
  電圧、電流、台数
 ・その他対象となる全ての機器の定格及び台数等を記載
 ・サブ変については代表となる1ヶ所について、上記と同様の記載をし、残りは「他何ヶ所」と記載する



期  間 役職名 職 務 の 内 容 電気工作物の概要
年数

年月

平成
6年
7月

年月

平成
6年
9月

年月

3ヶ月

○○○部
○○○課
○○課長

・自らどのような立場で点検したか

 「役職名」が変更になった都度、その役職に対応する「期間」、「職務の内容」及び「電気工作物の概要」を記載すること。
 但し、業務内容に変更がない場合には、「前記同様」と記載すること。
 また、実務者から管理者に変更した場合には、その職務は異なるので、必ず職務の内容は記載すること。

 

 



  上記の実務経歴を有することを証明する。
平成6年10月  日   
事業場所在地  ○○○○○  
証 明 人  ○○○○株式会社
代表取締役          
○ ○ ○ ○ 印
 
(注意事項)
・組織図は、事業所の電気関係業務の組織図とし,申請者が所属する部署の所管する事項、人員構成、申請者及び電気主任技術者の地位並びにその期間を記載する。(職制毎に作成[改組も含む])。また、実務経歴証明書と同様に割印を必要とする。
・委託管理契約に基づく実務経験の場合(ビルメンテナンス会社等に所属している者)は、自社及び契約会社(役職者)の両者の証明印を受けること.但し,実務経歴期間内全ての契約書,覚書き、仕様書等を添付することが出来る場合は、自社のみの証明印でよいものとする。また,その場合の組織図は,両者の関係がわかるように記載すること。
・実務経歴の最終月は証明日の前月までとすること。
・特別高圧受電については,「電力会社との給電上に係る申し合わせ事項に基づく運転操作に関すること」も記載すること


前のページへ このページのトップへ