このページにおける、サイト内の位置情報は以下です。


法令・規則等に関する最新情報

2020年10月15日

≪架空電線路の支持物に係る電気設備技術基準と解釈の改正≫

 令和2年元年台風15号による送電鉄塔の倒壊事故と電柱の損壊事故の原因を踏まえ、電気設備技術基準32条(支持物の倒壊の防止)および第51条(災害時における通信の確保)の2条文が改正されると共にこれらの電技解釈が改正された。

今回の改正の主な点は次のとおりである。

1.架空電線路の強度計算に用いる風圧荷重の値が、風速40m/sから「10分間平均の風速40m/s」とされ、風圧荷重については「地域別基本風速」を採用

2.電力保安通信設備の無線アンテナに適用される風圧荷重が風速60m/sから、架空電線路と同じ風圧荷重を採用

詳細は会誌「電気技術者」10月号の22〜26ページの記事を参照されたい。


このページのトップへ