このページにおける、サイト内の位置情報は以下です。


会長ごあいさつ

会長 逢坂 國一氏
会長 竝木 徹

協会は、電気技術の発展及び電気技術者の資質向上に寄与することを目的として、昭和30年(1955年)3月4日通商産業省の設立許可をいただき「社団法人日本電気技術者協会」として創立され、今日に至るまで、各種の事業を遂行して来たところであります。

一方、国の法人改革の一環として、これまでの社団法人は、①一般社団法人への移行、②公益社団法人への移行、③他の法人と合併する、④解散するかの選択を迫られましたが、協会は設立以来の公益的事業に誇りを持って、ハードルが厳しい公益社団法人への移行を選び、法人体制の整備を行い、内閣総理大臣に申請、認可をいただき、本年(平成25年)4月1日から、「公益社団法人日本電気技術者協会」と新名称になりました。

現在、電験合格者を主体とした個人会員の熱心なサポートと協会の活動に協賛していただく企業の維持会員に支えられ、全国9ブロックに設置した支部において、見学会、講習会、セミナーなどの事業を、また、本部において、会誌の発行、音声付き電気技術解説講座などの事業を滞りなく実施しております。

現代社会を支える電気エネルギーを安全安心なものとして社会に送り出せるよう協力し、貢献することを念頭に、学際の電気理論と現場の電気技術をつなぐ情報を広く収集し、それを現場の第一線を担う電気技術者に提供し、電気保安レベルの向上及び電気エネルギーの効率的な利用に役立ててもらう姿勢を維持しております。

協会の設立については、多くの賢人が大きな夢を持って尽力され礎を築かれました。爾来約60年、多くの先輩がその志を体し努力され、多大な成果を挙げてまいりました。この脈々と流れる伝統は、若い後輩に引き継がれるべきと思います。

協会としては、新しい環境の下で活躍される電気技術者のために相互の交流を活発化するばかりでなく、それにふさわしい技術情報の提供、研修等の資質向上に役立つ事業を推進したいと考えます。

今後とも会員各位はもとより、会員以外の方にも役立つ情報を発信し、また、社会に貢献するよう、業務を遂行して参りますので、引き続きご支援、ご協力を賜わりたいと思います。



前のページへ このページのトップへ